音で再配達

音で再配達

不在票が届いたけれど、再配達の手配が面倒で…。

そんなシーンをお手伝い!



音で再配達

このエントリーをはてなブックマークに追加

トーン再生で手配する

不在票の内容を入力して、トーンで再生する方法を選択すると、入力内容の確認画面が表示されます。

1.入力内容を確認します。

入力内容を確認したら【トーン再生】ボタンを押します。

電話機がトーン音での発信に対応していない場合でも "ダイヤル発信から始めますか?" を "しない" を選び、手作業で発信先にダイヤルし、それ以降をトーン音で進められます。

2.トーンを受話器に聞かせます。

間もなくトーン音が再生されるので、iPhone のスピーカーを家の電話の受話器に当てます。

電話にトーン音を聞かせると、再配達自動受付センターへのダイヤルから各項目の入力までが自動で行われます。

先ほどの画面で "トーン音からの発信" を "しない" にした場合は、再配達自動受付センターへ手動でダイヤルをかけて繋がってから、トーン音を電話に聞かせます。

これで完了です。

最後までトーンを聞かせてあげれば、これで再配達の申し込みは完了です。

再配達自動受付センターへのダイヤルから行ってくれるので、面倒なダイヤル操作いりません。

再配達の手配に失敗した場合は

スピーカーが上手く電話機に当てられていない場合があります。

iPhone や iPad のスピーカーと電話機の受話器が合っていない場合、トーン音が上手く伝わらない場合があります。

iPhone や iPad の音がでる部分(2つあるうちの片方)と、電話機の声を拾うところが、合わさるようにしてトーン音を聞かせてあげてください。

トーン音の音量が適切ではない場合があります。

トーン音が大きすぎても、小さすぎても、電話機によっては上手くトーン音を拾ってくれない場合があります。

iPhone や iPad の音量を調整して、よく拾ってくれる音を見つけてみてください。

音が割れず、よく聞こえるくらいの音量がちょうど良さそうです。

周囲の雑音が多いときにも、上手く拾ってくれないことがあります。

回線や電話機(親機・子機)などによっては、トーン音での発信ができないことがあります。

トーン音でのダイヤル発信ができない場合は、再配達自動受付センターへのダイヤルまでは自分でやって、その後からを、このアプリで進めるようにします。

伝票を入力した後の確認画面で、「ダイヤル発信から始めますか?」を「しない」にすることで、自動発信をしないようにできます。

この方法でも、電話機や回線によっては、対応していない場合があるかもしれません。

トーン音が途中で上手く拾われなかった時は

再配達の手続き中に、トーン音が上手く伝わらなかった場合には、操作ボタンを使って、トーン音を戻って聞かせることができます。

これらのボタンは、次のように動作します。

トーンの再生をはじめからやり直します。
一時停止中のトーン再生を再開します。
トーンの再生を一時停止します。 
ひとつ前の項目に戻って再生します。ある項目を再生中の場合は、その項目の再生待ちに戻ります。 
次の項目を直ちに再生します。その項目を再生中の場合は、その次の項目の再生待ちに移ります。 

留意事項

iPod touch の内部スピーカーの場合、トーン音を電話機が正しく拾ってくれない様子です。

その場合は iPod touch に外部スピーカーを接続することで、改善される場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加